<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 第91回北海道電力株主総会報告 | TOP | 「核のゴミを考える交流会」幌延現地集会 >>

釧路市議会 核ゴミ関連施設受け入れ拒否 意見書採択

昨日、2015年7月3日 釧路市議会において
「高レベル放射性廃棄物最終処分の建設を受け入れない意見書」が全会一致で採択されました。
議会終了後に親切な議員が電話をくださり、私の知りたいことを解説してくださいました。
 しかし、同時に、2つの意見書は秘訣となりました。

・「憲法解釈変更による集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回と関連法「改正」反対を求める意見書

・安全保障関連法案の徹底審議と国民HRの十分な説明を求める意見書

 上記2つについては保守(自民・公明を含む)が
「国会などで十分に審議が尽くされたため」と理由を述べました。

 同じ非核宣言自治体としても、帯広では市民憲章にまで「非核三原則を遵守する」ことが謳われており、
 その姿勢は同じく非核宣言自治体である釧路市としても、是非見ならうべきものです。
 
厚岸町は昨年9月にすでに議会で受け入れない決議をしています。
6月1,2日に非公開で行われた自治体への説明会(札幌 合同庁舎ビル経産局)へは
東北海道から唯一、釧路市が参加しました。
出席理由をうかがったところ、「情報収集のため」と担当課長は静かにお答えになりました。
脱原発の仲間の中には、そのような催しに参加すること自体問題だと避難する声もありますが、
釧路市は非核宣言都市であり、人口数、稼働中の海底炭鉱があること、活火山があることなど
社会的条件により、受け入れる条件に満ちていません。

| 脱原発 | comments(0) | trackbacks(0) | マシオン恵美香 |

この記事に対するコメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://blog2.atelier-alice.net/trackback/998266

この記事に対するトラックバック
プロフィール マシオン恵美香のブログです! アトリエアリス〜絵画教室・ボタニカルアアートクラスのご案内 マシオン恵美香〜お仕事いろいろ ギャラリー リンク メールはこちら! サイトトップへ