<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 次の世代たち | TOP | 原発があるということ >>

【FOE(国際環境MGO)の署名への協力呼びかけ】

 
原発周辺における防災対策案見直しの署名に賛同団体募集です。

また16日に、この政府交渉に参加することになりました。
できれば、泊周辺、また、大間原発反対をしている方の参加していただきたい。

東京渡航費カンパよろしくお願い致します。

ゆうちょ銀行 19090−4373651アンザイユキコ
北海道の脱原発の仲間達へ
賛同団体、個人の募集 
FOE 満田さん 余市町 安斎さんから
【FOE(国際環境MGO)の署名への協力呼びかけ】と
原発周辺における防災対策案が示す非難範囲の指定が狭すぎる問題等の見直しを求める【政府交渉への賛同と参加】を呼びかける内容でお知らせがありました。(添付資料を御参照下さい)

 北海道からも泊原発周辺、大間原発問題に関連して活動される団体や個人の応援と政府交渉参加が必要だと考えます。
 昨年は全道の仲間達への呼びかけや資料の送付を一生懸命やってくださっていた泉さんが現在療養中ですので、東京からの賛同呼びかけに、どのネットワークが対応してくれるのか苦慮している、との声も聴こえてきました。
 「原発現地周辺住民の意見」がとても重要ですので、泊四ヶ町村の中からの参加者が多くなることが理想です。ベクレルフリー北海道は余市の安斎さんを応援し、北海道からの交渉参加者として送り出すことを決めました。

 新年早々ですが、全道の脱原発の同胞の皆さんにも御協力をいただきたく呼びかけるものです。
 大急ぎで、御賛同いただける団体、個人の御連絡をいただけましたら嬉しいです。  
 また、渡航滞在に係る資金のカンパも宜しくお願いいたします。

 平成25年1月7日 ベクレルフリー北海道 マシオン恵美香

余市町 安斎由希子です。
あけましておめでとうございます、今年もどうぞよろしくお願い致します。
FOE満田さんより署名を集めるために、呼びかけ団体の呼応の要請がありました。 
以下転送


 すでにMLなどで流していますが、FoE、フクロ ウの会、美浜、グリーン・アク
ションとで、防災指針に関する別添の署名を集めています。
今後、3/18までの間に、この防災指針をもとに、原発30km圏内の自治体が地域防災計画を策定することとなっていますが、そもそも30km圏という設定自体が狭すぎる上、避難基準としている7日間50mSvや、年間20mSvが高すぎるため問題です。各原発立地のみなさんにぜひ加わっていただけないものかと考えて おり、佐賀、福井、東北などのみなさんに声をおかけしています。

また、1/16に政府交渉を予定しています。遠いのでなかなか難しいと思いますが、可能であればぜひここにもご参加いただけませんか?
以上、ご検討をお願いいたします。
| 脱原発 | comments(1) | trackbacks(0) | マシオン恵美香 |

この記事に対するコメント

FoEの呼びかけ文、オンライン署名フォームのアドレス
署名用紙、趣意などを御確認ください。  
http://www.foejapan.org/energy/action/121228.html

https://fs222.formasp.jp/k282/form1/
| Emika | 2013/01/08 6:47 PM |
コメントする










この記事のトラックバックURL

http://blog2.atelier-alice.net/trackback/998163

この記事に対するトラックバック
プロフィール マシオン恵美香のブログです! アトリエアリス〜絵画教室・ボタニカルアアートクラスのご案内 マシオン恵美香〜お仕事いろいろ ギャラリー リンク メールはこちら! サイトトップへ