<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

被災者支援ネットワーク釧路夏の保養*報告ダイジェスト

福島キッズ夏の保養*釧路&弟子屈 報告
 
写真は 摩周湖展望台 7月31日
http://hsn-kushiro.naoyan.net/
 保養受け入れ支援活動の報告

7月27日 歓迎会 持ち寄りパーティー 夜はちょっとだけ霧フェスティバルへ
  28日 市内施設見学 炭鉱資料館・博物館 こども遊学館(プラネタリウム)
  29日 雨天のため動物園をやめて 山花温泉リフレへ
7月30日釧路湿原展望台 恩根内ビジターセンター 阿寒鶴センター 佐々木栄松美術館

 31日 川湯 硫黄山へ 摩周湖

あいにくのお天気だったため、鈴木さんのご好意で 「どん菓子作り」

 弟子屈町屈斜路にある 砂湯で 遊びました。
   
  
 熱過ぎる足湯で我慢大会
  
 鈴木さんとお土産店オーナーの方にご馳走になりました。
 ちゃんとお礼を言える礼儀正しい しゅう君

   
 一瞬、お天気が回復してモーターボート2台を出していただきました。
  
 ボートに乗せてもらい、大喜び!!
   
 裏庭のフサスグリをジャムにするミッション 40分ちかくも後退でかき混ぜ続け、
素晴らしい味のジャムが完成しました。
   
 安心して男子のお部屋でカラオケ大会をする女子たち
 
 その間、しょうシェフの指導の下、大人味のカレーと子ども味のカレーを
2種類、15人分作る男子のミッションは進行中
      
 6時まで! という号令に「楽勝!」とお返事してピッタリ6時に出来ました。

             
 野菜たっぷりのカレーライスはビックリするほど美味しかったです。
            夕食風景
 
山ほどの野菜を使っての豪華なチャンチャン焼きが美味しく出来上がりました。
    
 どんぐりと山猫の 影絵パフォーマンス!! ぐりさん熱演!


 釧路に移動 最後の夜を 「ピースプレイスかけはし」で過ごしました。
 ひろきクンが熱を出して病院へ。

 みんなで待望の「港まつり」の出店へ。はぐれないように注意して全員人ごみの中へ!

    
 あゆむクンは景品をもらうほど射的が上手でした。
    
  男子は射的に夢中
    
 女史が夢中なものは別な世界

 賑やかな山車が帰り道に通り過ぎました。
 いずみさんがお迎えのため合流してからも子どもたちは楽しそうで帰りたくなさそうでした。

 港祭り会場へ 8月3日 手漕ぎボートレース あまちゃんチームと
  
 昼は砂田さん宅 素敵な中庭のあるお宅で豪華なお肉を焼いていただきました〜


 どんどん運ばれてくる差し入れに幸せそうな子どもたち この日は珍しく夏日の釧路!

 十勝での 送別会 8月12日

十勝では大勢の仲間が中村さんを中心に活動されています。

| 被災者支援 | comments(0) | trackbacks(0) | マシオン恵美香 |

被災者避難者健康相談会んも御案内

 被災者避難者
健康相談のご案内

 健康相談会の主催者 道東勤医協釧路協立病院様からの情報御提供です。
 
 開催日 10月28日(日曜日) 
 相談を御希望の方は24日までに御連絡下さい。
 お申し込み・お問い合わせ】 電話 0154-24-6811

*この度の相談会は被災県以外からの移住者にも適応されますので、関東以南からの移住者でも放射能の心配を逃れて釧路地方に移住されたという方についても相談を受け付けていただけるそうです。
 
 
| 被災者支援 | comments(0) | trackbacks(0) | マシオン恵美香 |

『福島・原発の今」講演会

福島・原発 の今
「福島・原発の今」 釧路講演会
日時 9月2日 午後1時開場
会場 釧路市生涯学習センター 8階会場 
講師 清水修二さん(前福島大学福学長)
    原発いらない! 3・11福島県民大集会呼びかけ人
参加費 500円
    予約無しで当日いらしても大丈夫です

 支援にかけつけた大江健三郎氏と共に、今年3月の福島県民集会をリードした清水さんは、長年福島の地で地方自治のから原発問題を研究、原発の地域住民的に発言、行動してこられました。
 福島・原発の現在を直視し、脱原発社会に向けての課題と展望を考えると共に、原子力のリスクを貧困な地域に交付金などをえさに負担させていくこれまでの日本社会のしくみを改めて見直してみましょう。
| 被災者支援 | comments(0) | trackbacks(0) | マシオン恵美香 |

十勝むすびばの中村さん宅へ

          福島の子ども達と 十勝で

 帯広 桜木町の中村さん宅に 福島県から10名の子ども達を招きました♪

 中村さんと私は廃炉の会訴訟でお知り合いになり、親しくしています。
 昨年も小学生10名を迎え、お宅で保養をしました。
 今年は男子5名女史5名、うち数名は同じ子どもを迎えての保養日程が開始となり、お招きを受けてうかがいました。

 朝食風景 昨日は昼間にプール、夜は焼肉で盛り上がりすぎ
今朝は、みんな、まだ少し寝ぼけています・・・?

 帰り際にベランダで撮りました♪
     
 ブルーのドレスの方はボランティアの三好さん
 ネイチャーゲームの指導員で、釧路専門学校にも非常勤で来ていただいたことがあるそうです。
 すっかり昔からの友人知人のように楽しく過ごさせていただきました。

 わすかりではありますが、過日、開催した映画会の収益からと私個人からのカンパをお渡ししてきました。

 今年は東北海道保養支援プロジェクトの集金係りを買ってでましたが、来年は、我が家の2階の空き部屋3つもあるんだから、里親をしてみたいなと思いました。
     
 この日は大雨の中で焼肉をしましたが、翌日は十勝毎日新聞社の花火大会へ行ったり、ハスカップジャムを作ったり、木工教室へ行き、子ども達は楽しく過ごしました。
 

| 被災者支援 | comments(0) | trackbacks(0) | マシオン恵美香 |

東北海道保養支援プロジェクト

 東北海道保養支援プロジェクト
 本日が締め切りですが、
 駆け込みでも受け付けられます!!

 地域は被災県に限りません。
 保養のあいだにスクリーミング等、身体測定を受けましょう。
 中・長期滞在、移住に関するご相談にも乗ります。

東北海道保養支援プロジェクト 釧路事務局
被災者支援ネットワーク釧路 事務局 事務局
 (電話 090-9436-8632)
| 被災者支援 | comments(0) | trackbacks(0) | マシオン恵美香 |

東北海道保養チャーター便プロジェクト*網走

 網走発*東北海道保養チャーター便プロジェクト

 網走エコセンターで集いました。
 小清水、常呂、生田原、札幌、釧路、弟子屈など、道東の各地域から
被災者支援活動をしているグループや個人が集い、福島からの自主避難者
大竹さんの呼びかけに応える形での会議を持ちました。
    
 何人呼べるか、どうやって? 毎年やるのか? 場所は?
収容人数は? 渡航の方法は? 助成金申請は? 資金は?
 交通費の補助は?・・・などなど、
イチから考えなければならないところですが、とりあえず・・・
   
   東北海道は渡航費がかかりすぎる。
   涼しくて快適だから夏に保養するには最適なのに!
   飛行機やJRを使うと何故助成金が一円も出なかったのか?
「昨年、自治体主導の補助の仕方では飛行機は特例も認められなかった」
  チャーター便 160席、850万円で 出来る?!
  一人往復で5万円ほどなら可能? 母子保養の平均と抗費用の負担額は
12万円だったことから逆算?
   
 うーーーん と唸っている人々・・・これは・・・安いのか???
 はたして、それほど負担するということになっても来たい人が居るのか???

 それでも、渡航費が大きなネックには違いない。
 試算をしなおし、どのサイズの飛行機なら可能性があるのかも含め、
検討課題になりました。

 夏は涼しくて最高の環境である道東に被災地からの保養希望者を迎え
ゆっくり過ごしてもらいたいという話の流れになりました。
 
 次の会合は4月18日午後6時半から。網走エコセンターで。
 

| 被災者支援 | comments(0) | trackbacks(0) | マシオン恵美香 |

被災・避難支援ミニフォーラム

 北海道NPO被災者支援ネット主催
    「被災・避難ミニフォーラム」

 市民活動センターわっとにて開催されたミニフォーラムにパネラーとして招かれ、民間支援団体として、被災から今日までの報告をしました。被災者支援ネットワーク釧路事務局長として、実施できた支援内容の報告と共に、今後に残された課題、改善すべき問題点等に触れてお話をしました。

 はじめに、北海道NPOファンド理事・事務局長の北村美恵子さんがファンドの履歴や概要について説明をしてくださいました。

 釧路市からは田中総務課長が釧路市として成し得た支援を報告
           
 北海道NPO被災者支援ネットの井上秀美さんと、BONOS代表廣島さん

 プロジェクタで資料やブログ等を見ながら活動内容を確認しました。

 動員された参加者の中に老人介護施設さんに勤務する方がいらして、施設内の掲示板に被災者支援に関する情報を紹介しているとのこと。一緒にイベントなどが出来るといいな、と思いました。
| 被災者支援 | comments(0) | trackbacks(0) | マシオン恵美香 |

被災者支援ネットワーク釧路ニュースより

 母子保養受け入れスタート

 濃霧のため飛行機の到着が20分も遅れましたが、
なんとか飛行機が下りました。

 お迎えに行く人が確保できず、急遽、被災者支援ネットワーク釧路事務局の私ことマシオンと友人のねずもとひこ氏とで空港へお出迎えに行きました。ところが、雨はどんどん酷い土砂降りになって、空港近くは特に視界が悪い状態の濃霧に・・・! 空港アナウンスが「到着便が着かない可能性があり、次の便は欠航になるおそれもあります」と繰り返すので、ドキドキしながら待ちました。

 福島を発つときの気温は30度以上だったのに、釧路では10度を少し越す程度だったため、子どもたちは「さむぅ〜〜ぃ!」と連発していました。聴けば、飛行機を降り立ったところから雨のランウエイを歩かされ、靴と靴下が濡れて気持ちが悪かったらしく、すっかりご機嫌斜めの二人だったのですが、待合いコーナーにある「羽ばたく鶴の羽のモニュメント」を眺めて興味津々・・・???
 ホームステイ先の尾崎邸では、子どもたち二人はすぐに優しい尾崎さんに甘えてだっこされたりしていました。提供していただいたほかの物件に保養の方々が入られたら、きっと素敵なコミュニティが出来るでしょう。
 
涼しく(涼しすぎ?)安全な釧路で快適に過ごしていただきたいです。

| 被災者支援 | comments(0) | trackbacks(0) | マシオン恵美香 |

物資提供のお願い

 夏の母子保養受け入れに際して <被災者支援ネットワーク釧路
ベビーカーおよび
 ベビーバギー&チャイルドシートのご提供お願い
     
 
 上の写真のように立派でなくても、子どもさんが昔お使いになっていた、
もう使わないので捨てようと思っていたというような
ベビーカーやチャイルドシートがありましたら
ご提供いただけませんか?
 周囲に小さなお子さんがいらっしゃる方などにお声かけいただき、
ご協力いただけたら嬉しいです。 緊急にそれぞれ4台づつほど揃えたいのです。

 ご連絡お待ちしています〜〜!!
| 被災者支援 | comments(0) | trackbacks(0) | マシオン恵美香 |

日曜日の道新釧路地方版朝刊


二つの災害関連の民間支援団体の催しがあり、私たちはどちらにも参加し、活動の経過報告をさせていただきました。
なんと、紙面では動員数が少し少なかった「6.11脱原発アクションIN釧路」のほうが大きくスペースをとって報じられていました。おまけに大友さん御夫妻と私の姿が写っていて・・・!

 
| 被災者支援 | comments(0) | trackbacks(0) | マシオン恵美香 |

<< 前のページ  |  1/2  |  次のページ >>  


プロフィール マシオン恵美香のブログです! アトリエアリス〜絵画教室・ボタニカルアアートクラスのご案内 マシオン恵美香〜お仕事いろいろ ギャラリー リンク メールはこちら! サイトトップへ